高畠のギルマス日記

ギルドハウス高畠、ギルドマスターのブログです。

10月のギルマス日記

10月のギルマス日記

 

10月の高畠

 10月になると朝晩の冷え込みが激しく、日がさしてくると冬の準備をしないとなぁと思う日々です。熱中小学校で栽培しているワイン用のぶどうの収穫も終わり、一部枯れてて使えないところを贅沢にジュースにして飲んでいたりします。ワイン用のぶどうでジュース作ると豊潤で濃厚で深見のある味がします。

 10月も中旬を過ぎてくると地域の特産品のぶどうもひと段落してぶどう農家さんも一息ついてきたようです。新米をいただいたり、里芋収穫して芋煮会したり、きのこを焼いて食べたり実りを楽しんでいます。家ではもっぱら鍋ばかり食べてますが。今の時期はリンゴやラフランスが取れるようになりました。6月~11月くらいまではいつでも果物が手に入るのは嬉しいですね。

f:id:masterhato:20191105210117j:image

ジャンボかぼちゃの行く末

 ギルドの畑に放しにしていたジャンボかぼちゃですが、ちょうどギルドハウスに滞在していた冒険者の手でジャック・オ・ランタンになりました。玄関先がより怪しげになりました。

f:id:masterhato:20191105210211j:image

高畠にも台風が…

 全国各地で被害があった台風19号ですが、高畠でも川の氾濫や田んぼの冠水がありました。幸いギルドハウスのあるあたりは特に大きな被害はありませんでしたが、自然災害の怖さを感じます。

 私も今年から消防団として活動しているのですが、こういった災害時連絡を取り合って、事前に避難場所を確保したり、避難誘導の準備をしたりというのが地域の自主防災を担っていると感じます。地域では昔からの実家に住んでいると消防団に入り、卒業すると自警団として活動するのが望ましいとされます。(地域差があるかと思いますが)

 ただ春、夏の演習の周辺では連日夜に集まって練習があったり、休みの日に集まって泥すくいや草刈りをやったりをボランティアでやらなくてはならず大変な事は多いです。地域に暮らす人達の人口分布やライフスタイル、そして災害の形が多様化している昨今において、変えていくべき事はあるのではと思う一方こういった組織が活きているという事は地域のしなやかさやたくましさだと思います。

f:id:masterhato:20191105210328j:image

ワンピースとバカボンドもらいました。

 よくギルドに遊びにくる方からワンピースとバカボンドをほぼ最新刊まで貰いました。60巻くらいまでしか読んでいなかったのでこの機会に全部読み直してみようと思い立ったのが運の尽き、やろうとしていた事が全てワンピースを読む事に置き換えられました。全編通して面白いですね。「ROMANCE DAWN 」地域社会にも大開拓時代を引き起こす夜明けが起こって欲しいですね。

f:id:masterhato:20191105190526j:image

ギルドハウス高畠の住民募集キャンペーン

 現在ギルドハウス高畠には私ともう1人で住んでいて、宿泊の受け入れとか住民の募集をしているのですが、もう少し来訪する人にわかりやすいように、情報の整理と暮らしの提案をしたいなーと思っています。

 現状のギルドハウス高畠で提供できるのは「自然の中で安く住める環境」、「広い空間」、「ローカルのネットワーク」、「ギルマスの気まぐれのとりくみ」位なのでそういったものに価値を感じた方に有効利用してもらえたらいいですね。

 

ライフスタイルの提案は大きく3パターン

① フリーランスノマドワーカー、ニート応援キャンペーン

 在宅ワークを中心に活動する人にとって耳よりな生活費を最小限に抑える応募枠。ギルドの取り組みを一緒に盛り上げてくれる方には生活費0円で暮らせる企画です。また現在ニートだったり、これから仕事を辞めますという方の新生活の拠点として使って欲しいなと考えていてこっちは仕事見つかるまで最大2カ月生活費0円とかやりたいなと思ってます。

 

②ファームステイ、田舎暮らし応援キャンペーン

 農家さんや住民と話していると結構年間を通じて農業関係の仕事があるんだなーという事がわかってきました。1週間程度の農泊から年間を通じて農業で働きたい方企画です。人生の一時期農業に触れてみたい方、何にも策がないけど田舎で暮らしたい方、就農も視野に入れている方向けの企画です。

 

③アーティスト、タレント応援キャンペーン

 音楽でも絵でも工作でもゲームでも何かをやり続ける才能を広げる手伝いが出来たら嬉しいなと思っています。僕自身は天才ではないと思ってますし、気まぐれなのであんまり一つの事をやり続けるのが得意じゃないのでそういう人に憧れます。なので、そんな方の取り組みをギルドハウスを通じて応援していきたいと思います。そのために何が出来るか?と言われると自分でもよくわかっていませんが、ローカルでのなりわい化を考えたり、サポーターを集めたり、ギルドハウスと周辺のインフラの提供をしますので最大限に使って才能を活かしてください。

 

僕自身は日常を少しだけ共有する事しかできないのですが、それが誰かにとっての価値になれば嬉しいなと思います。

 

そんな感じでギルド高畠は今月もマイペースに住み開きしてます。

ではでは。

 

ギルドハウス高畠では引き続き住民募集しております。興味のある方は是非足を運んでみてください。一緒に地域で面白い事出来る人集まったらいいな。

メール連絡はこちら:t.cok.hasegawa@gmail.com

ギルドハウス高畠についてはこちら:https://colish.net/concepts/1264

良ければフォローお待ちしております。

フェイスブック: https://www.facebook.com/guildtakahata/

ツイッター:ハト@ギルドハウス高畠 (@OilyI) | Twitter